喫煙はタバコは百害あって一利なし!禁煙で生活習慣病を予防しましょう。

禁煙5日目


いよいよ最後の日となりました。これまでと比べれば、ずいぶん楽になったのではないでしょうか。あなたの身体から、ほとんどのニコチンが抜け出し、脳のニコチン受容体の数も減ってきている証拠です。

この5日間タバコを吸わずにいられた自分に、さぞ誇りを感じておられることでしょう。病気の心配をしながら、タバコを吸い続ける必要もなくなりました。タバコに支配されていた日々から遠ざかりました。

さて最終日のテーマは「これからの心構え」です。

タバコを断る練習をしよう

あなたは、今の自分をまだ喫煙者だと思いますか?あるいは、すでに非喫煙者だと感じていますか?

この5日間禁煙に成功しているので非喫煙者と言えるのですが、自分を非喫煙者とまだ思えない方も多いかと思います。実際は「このまま禁煙が続けられるだろうか」と不安を感じているというのが正直な気持ちかもしれません。

今後、タバコを吸わない日を1日、1日と延ばしていくうちに、次第に自分を非喫煙者だと思えるようになってきます。「自分は非喫煙者だ」という信念が早く持てるようになるコツは、非喫煙者である練習をすることと、タバコをすすめられたときに断る練習をすることです。

喫煙習慣があなたの身に付くまでに、何年、何十年とかかったのですから、タバコを吸わない習慣を身につけるのにも時間がかかって当然です。禁煙して間もないころは、タバコを吸わない生活に違和感があるでしょうが、次第に吸わないことが当然だと感じられるようになってくるはずです。

非喫煙者のように振る舞う

いつでも、どこでも自分を非喫煙者だと言い聞かせてください。そして非喫煙者のようにふるまってください。

レストランに行った時に禁煙席に座る、禁煙席がないと知っているレストランでも、タバコの煙の少ない席にしてもらう、新幹線に乗るときは迷わず禁煙車に乗るなどを繰り返すうちに自分が偽物の非喫煙者でなく、本物の非喫煙者だと思えるようになってきます。

自分を非喫煙者だと自信を持てない気持ちはあるでしょうが、大丈夫です。練習・訓練を積み重ねるうちに、迷うことなく自分を非喫煙者だと思えるようになります。非喫煙者のように振る舞うことがポイントです。

タバコをすすめられたときに断る練習をする

タバコをすすめられたときは、ひと言簡単に「私はもうやめました」きっぱり言って下さい。あれこれ言い訳すると、次第に面倒くさくなり、相手のペースにのせられてしまいます。「今やめています」は、ちょっと自信なさそうに聞こえますのでおすすめできません。

効果的なのは、実際に口に出して「私はもうやめました」と耳にタコができるほど、繰り返すことです。鏡に向かって、自分の顔を見ながら繰り返すとさらに効果があります。「私はやめました」ではぶっきらぼうと感じるのであれば、「結構です、私はやめました」でもよいですが、自分がこれぞ、と思うセリフを繰り返し練習しておくことがコツです。馬鹿らしいと思うかもしれませんが、騙されたと思って今日から1週間、毎日やってください。

PAGETOP
Copyright © タバコは5日間でやめられる All Rights Reserved.